スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指しゃぶり





堺市南区 原山台のクロスモールにある 愛ランド歯科です


今回は指しゃぶりに関するお話です。


小さいお子様をおもちのご両親さまから指しゃぶりや歯並びについての質問を
よくいただきます

しかし、指しゃぶりは生理的な現象とも言われており、「悪い」とだけ言い切れるようなものでもありません
ゆっくり眠れたり、リラックスできたり、様々なメリットもあることでしょう

その一方で、指しゃぶりをいつまでも続けていると、起こりうる悪影響のひとつに、歯列不正(歯並びが悪くなる)があります

ですから「指しゃぶり」はぜひやめさせてあげたいものです
その目標の時期は、ひとつの目安として「3歳」と考えられています

しかし、ただ、止めさせるだけではなく、理解させることが大切です
無理矢理だと、違う影響が出ることもあるでしょうから・・・

精神的な不安を解消するために吸うことが多いため、とがめるのではなく、
指しゃぶりをしなければ褒めてあげる、という姿勢で取り組むのもひとつです

あくまでも、優しく理解させ、ゆっくり焦らず、自分から止めようという気持ちを引き出させてあげて下さい

指しゃぶりをやめるためのグッズなどもありますので、お気軽にご相談ください

なお歯並びについては、悪い癖(指しゃぶり・口呼吸・片側噛み)があるかどうかチェックして下さい
そして、少しでも

「あれ?」

と思われるようでしたら、ご相談にお越しください

上下前歯4本が永久歯に代わる頃(6~8歳)から矯正の必要性を判断できることが多いですが
その時期まで経過を見ていて良いのかどうか、という判断や診断だけでも有意義だと思います

矯正治療の最終的な診断や、実際の診療は、専門の資格を持った歯科医師が担当いたします
日時を限定しておりますので、事前のご予約をお願いします


また、専門医に相談したほうがいいかどうか?というご相談でしたら
いつでもお答えいたしますので、どうぞお気軽にご来院くださいね

スタッフ一同、おまちしております
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。